千葉の葬儀は近場で行う

千葉の葬儀は広く付き合いのある人が来客としてくる都合上、大きな斎場で移動はバスを使用、食事を付けていくといった形の葬儀が多く、山間部など広く場所が取れる地域にあるものでした。

ですが現在では小規模の葬儀の需要の増加、より利用されやすい葬儀会場を目指し駅から徒歩数分の斎場・葬儀会館ができるようになりました。

駐車場も完備し、人口の多さと葬儀需要の多さから企業的にもメリットが取れる構造になっています。

千葉県の人口は600万人以上であり、毎月4千から5千人の人が亡くなっています。

それだけに葬儀会社は複数あるとはいえ忙しく、需要は高いレベルで維持されています。

新しく葬儀用の会館も作られるようになっており、葬儀に関しては景気が良いレベルで止まっているようです。

ちなみに亡くなる時期に関しては12月1月が最も多い傾向にあり、冬季は心身共に負担のかかりやすい時期である事が分かります。

千葉市だけでも毎日20人以上亡くなっていますので、葬儀会社は休む日もないほど忙しいようです。

ですが選ばれる葬儀会場を目指す必要もあり、駅から近い会館は葬儀も行いやすく、葬儀を行う候補として上げられやすい事が特徴です。

希望者が日々多いとはいえ、希望に合わない葬儀会場では利用されにくくなってしまいますので、葬儀会社も時代と需要に合わせて変化しているのです。

家族葬もシンプルで時間、費用とも負担が少なく、葬儀にかける時間など減らしていきたい考えがよくわかります。

今後も負担の少ないやりやすい葬儀が主になっていくでしょう。

その背景として最近では一部で通夜や葬式も行わない「直葬」が行われるところも増えてきているそうです。

◇参考サイト紹介⇒節約のため、通夜も葬式も行わない「直葬」が増えている