千葉の葬儀で活躍する葬儀費用の負担を減らす為に結成した組合制度。

千葉の葬儀会社は長く実績を積んできた会社も多く葬儀の際の負担を減らす為に組合員の制度を使っている会社もあります。

これは顧客が葬儀会社の組合員となり、定期的に積立を行い葬儀の際の負担を減らすというものです。

葬儀までに貯蓄が自動的に出来る事になりますので、その後の負担を減らす事が出来るシステムですが、長年積立をしてきた場合葬儀費用も高額のままである場合も多いです。

その為大規模な葬儀を行う予定ではなく、家族葬などにしたい場合は積立に頼らず家族葬や小さなお葬式専門の葬儀会社に依頼した方が費用的には安価になる場合も多いです。

昔ながらの葬儀は移動費用、食費、多くの来客と100万円以上の出費が必要になる葬儀であり、200万円近くの支払いを求められてしまう場合もあります。

葬儀は故人が悲しまない為に盛大に行う、そういった考えもありますが、残された人の為のものでもあります。

千葉の葬儀は人同士の付き合いの広さから大規模な葬儀になりがちでしたが、家族葬の認知度が高くなり、家族葬もきちんとしたお葬式である、そういった認識になってきました。

多額の費用をかけたお葬式が良いお葬式という認識は捨て、満足しく葬儀とはどういった葬儀であるか、一度考えてみる必要があります。

現在は選択肢が多くなり、自分で選べる時代になりました。

個人主義が拡大した結果ですが、その半面人同士の繋がりが軽視されがちにはなっています。

組合という会社との付き合いを大切に、完全に任せる事が出来るお葬式も選択肢の1つではあるのです。